家族の一員を助ける医療施設の手腕

スムーズな移動

犬も車椅子で行動範囲が広がると喜ぶものです

犬も高齢化が進み、寿命は格段に延びています。 それに伴い、様々な体の不調に悩まされるのは犬のみならず飼い主も悲しいものです。 中でも、元気な頃は活発に走り回っていたのに、老化や病気や怪我でそれが叶わぬようになった場合は辛いでしょう。 しかし状態によりますが、犬用の車椅子で移動が可能となり、犬を喜ばせ体の状態を良くする事も可能です。 取り分け、足のみの問題であればその実現はより可能でしょう。 犬用の車椅子は個々の状態に応じて作られるものもあれば、既に完成しているものもあります。 外でお散歩をしている車椅子を利用している犬は、下半身のみ障害があって車椅子を装着というケースが目立ちます。 このような場合は、前足が自由に動けば車椅子に慣れ次第、元気な頃のように走り回る事が可能になるケースが多いです。 全ての足が動かなくなったり、寝たきりになったとしても、車椅子を活用して外出させてあげると喜ぶものです。 ただ、病気の種類や状態によっては安静が必要なケースもある為、獣医さんとご相談された方が安全でしょう。

表情や動作をよく観察して調整を

犬に車椅子を与えて元気を取り戻したように見えても、使い続ける内に故障が生じる事もあります。 それは犬の体も車椅子もです。 注意したいのは日頃の表情や動作で、人でも合わない靴を履き続けると普段は感じない箇所の痛みを生じるように、車椅子の利用で痛みや故障を生じていないかの観察が必要です。 最初は見られなかった動作や悲しそうな表情等、シグナルを見逃さないようにして下さい。 それで問題に気付いた場合には、利用を中止して調整しましょう。 飼い主さんが対応出来る場合は宜しいですが、難しい場合は購入店に相談してみましょう。 成長期にある犬の場合は、時期に応じてサイズの変更も必要です。 また、成長期でない場合も体格に変化を生じる事があるので、獣医さんや購入店に相談出来る関係を築いておくと助かります。