家族の一員を助ける医療施設の手腕

観賞用のペット

熱帯魚など、現在では色々な魚が観賞用として飼育されるようになって来ています。 ここでこういった観賞魚の歴史についてみていきましょう。 魚が人間如っ手飼育され始めたのは古代中国からだそうで、その歴史は何と2000年以上も前にさかのぼります。 古代中国ではいけにコイヤフナなどを放し、飼育する習慣があったようです。 さて、現在言われている熱帯魚が飼育されるようになったのはいつからかというと、19世紀ごろだといわれています。 南アメリカやアフリカにわたったヨーロッパの人たちが現地の美しい熱帯魚を捕獲して地元に持ち帰り、販売するようになったのが始まりなのだそうです。 そしてアクアリウムというものが初めて世間に認識されるようになったのは1851年の英国博覧会だといわれています。

熱帯魚といえばかつてはグッピーやネオンテトラなんかが一般的でしたが、ネット市場でのランキングなどを見てみると上にはこれらの名前は一切上がってきていませんでした。 tpsるネット市場での一意はインペリアルゼブラプレコというナマズの仲間でした。 昔では全く見たこともないような魚が一意になっていて驚きです。 しかも価格が7800円と結構な値段です。 アロワナは高級の熱帯魚の代名詞ですが現在でも人気のようですね。 上位に何種類かランクインしていました。 そして昨今の熱帯魚の業界において注目されているのがシュリンプと呼ばれる所謂エビの仲間です。 ブリーダーm歩多く、盛んに取引がされています。 このシュリンプのブームは今後も続いていくことになりそうですね。