家族の一員を助ける医療施設の手腕

清潔さを保つ

以前は犬は屋外で飼っている人が多かったため、あまりシャンプーをする習慣がありませんでした。しかし、ここ十数年はペットが飼えるマンションなど集合住宅でも飼育可能になったことでペットのシャンプーが常識となってきています。 ペットグッズ販売店では、犬種ごとに合うシャンプーが販売されていたり、子犬用の刺激が少ないシャンプーが販売されていたりと種類も豊富です。 屋内で犬を飼っている人は平均で月に2から3回シャンプーを行っているようです。自宅で行わずにトリミングサロンを利用する人も多いです。 最近ではペットを飼育できる集合住宅にトリミングサロンが併設されていたり、専用のシャンプー場所が設置されているという住宅も増えてきています。

犬は基本的に水遊びが好きなので、シャンプーを嫌がらない場合が多いのですが何かイヤな経験があったり元々あまりシャンプーが好きではないという犬もいます。その場合は、トリミングサロンで専門家であるトリマーに行ってもらうという方法が一番ペットにとっても安全で安心です。 トリマーは犬を落ち着かせて不安にさせないようにシャンプーをしてくれるので、ほとんどのペットが落ち着いてくれます。それに慣れてくると家でも落ち着いてできるようになる犬もいます。 最近では、トリミングサロンだけでなく動物病院でも行ってくれる場合があります。爪のカットや足回りの毛のカットなどもトリミングサロンだけでなく病院でも施術してくれるとことが増えてきています。