家族の一員を助ける医療施設の手腕

対応動物を知ろう

まずは動物病院の診療範囲を調べましょう

動物病院は数多ありますが、病院によっては診察できる動物が限られている所もあります。 犬や猫はほとんどの動物病院が診ていますが、鳥やハムスターなどの小動物や、いわゆるエキゾチックアニマルに詳しい病院は少ないです。 また、手術設備のない小さな動物病院もあります。 まずはインターネットの病院検索や、タウンページを利用して、飼っているペットが診てもらえるかどうかを調べましょう。 そして、事前に電話で問い合わせをして、ペットの種類や症状を伝え、診てもらえるか直接聞いてみます。 広告では「この動物も診れます」と書いてあっても、担当医が分かれていて、診察日が限定される場合があるからです。 動物病院の電話対応の様子も、選ぶ際の立派なヒントになります。 電話でもちゃんと話を聞いてくれる病院なら、行ってみる価値はあるでしょう。

医者の人柄や知識・技術レベルを確認しましょう

実際に行ってみて一目瞭然なのが、その動物病院の設備です。 「手術室」などと書かれた部屋があれば、手術技術のある医者が居る証拠です。 問診の際に真剣にこちらの話に聞を傾けてくれる医者は、信頼できると思っていいと思います。 誰でも知っているような知識しか持ち出さない医者は、あまり詳しくないかもしれません。 診察の際には、医者が動物の扱いに慣れているかどうか、丁寧に扱ってくれる人かがわかります。 病状や看病の仕方、薬の飲ませ方、今後の治療方針など明確に説明してくれる医者なら 飼い主やペットの立場で、最適な治療方法を考えてくれる頼りになる医者だと思います。 大きな動物病院ほど設備は整っていますが、経験の浅い医者がいる確率も高いです。 できれば病気になる前に、健康診断のつもりでいくつかの病院を訪れてみて 飼い主とペットに合う動物病院や医者を探しておくのがおすすめです。